子宮がんの手術

子宮がんの手術の前に

子宮がんの手術を受けることになれば、専門医から様々な説明を受けることになります。手術以外の方法を希望するのであれば、その旨を伝えた上で、どのような理由で手術という治療法を選んだのか、抗がん剤や放射線治療に切り替えることができないかを質問しておくとよいでしょう。

大切な体のことですから、気になることがあるのなら我慢して黙っている必要はありません。自分の主張ばかりを押し通すのは問題ですが、相手の話に耳を貸す姿勢は持った上で、希望を伝えておくようにしましょう。患者さんの希望によって、子宮がんを手術以外の方法で治療できる場合もあります。

ただし、多くの場合には子宮がんの手術がベストな治療法であるということで勧められていますので、判断が覆ることばかりではありません。症状の改善の効果についてしっかり耳を傾け、不明点がないようにしておきましょう。

また、専門医には日常的な専門用語でも、患者さんにとっては不明点がたくさんあると思います。そのような時には、その都度質問を行うことと、メモを取るようにしておきましょう。

聞き慣れない言葉の羅列が繰り返されるうちに、興味がなくなってしまい集中力が途切れてしまうことがありますので、後から見ても分かるようにしておくことが大切です。

子宮がんや手術に関して、分からない言葉がメモの中にある時には、専門医に相談する以外に、自分で調べてみることもできます。また、事前に子宮がんの症状や手術など、基本的な事柄に関して下調べをしておけば、実際に説明を受ける時にも理解が容易になります。そうした意味では、検査によって発症していると分かった段階で、子宮がんや手術をはじめとした各種の治療法について調べておくことは、後々役立つことになります。

ただし、自分で調べても勘違いをしてしまっているということがありますので、曖昧な点は専門医に確認しておきましょう。

医師もわざと難しく解説しているわけではなく、つい自分の知識を基準にして話してしまっているだけということもありますので、何が分からないかを伝えることで、患者さんへの対応を考えてもらえることもあります。

手術の前には同意が必要となります。形式的なものとして受け流さずに、改めて考え直すきっかけと考えてください。子宮がんの手術を行うことによるリスクや失うものと、得られる治療効果を天秤にかけ、同意するべきか、今一度自分の心に問い掛けましょう。

最終判断と考え、安易に妥協することのないようにしてください。必要なら、改めて専門医と話し合うぐらいの気持ちでいましょう。

子宮頸がんの手術

・子宮頸部円錐切除術
子宮頸がんが早期の段階で行われる手術です。病巣を円錐型に取り除く方法で、レーザーや高周波電気メスを用います。摘出が子宮頸がんの手術の病巣だけにとどまり、子宮は残すことができる手術の方法です。進行してしまうと円錐切除術切除は使えなくなることがあるため、早期発見が重要な条件となります。範囲は狭いため、再発の危険は比較的大きく残ります。局所麻酔で行うことができます。治療のためだけではなく、生検のために組織を採取する目的で用いられることもあります。

・単純子宮摘出術
手術で子宮を摘出する方法で、膣式単純子宮全摘と腹式単純子宮全摘があります。原則として、卵巣は残します。

・広汎子宮全摘出術
子宮だけではなく、子宮周辺、膣の一部、リンパ節を切除します。また、骨盤リンパ節の切除だけで済む場合には、切除範囲を狭くした準広汎子宮全摘出術もあります。

・骨盤内臓全摘術
子宮頸部だけではなく、さらに範囲が広がってしまった場合、子宮や膣と共に、下部結腸、直腸、膀胱などを手術よって切除します。術後には人工肛門や回腸導管、造膣術などの形成手術を必要とします。

子宮体がんの手術

・単純子宮摘出術
子宮に加え、卵巣や卵管を切除します。また、ステージ(病期)が鬼以降の場合には、骨盤内や腹部大動脈周辺のリンパ節を切除する場合があります。卵巣や卵管をいっしょに切除すると卵巣がんや卵管がんの予防になりますが、若い女性の場合には、卵巣を残すことがあります。

・広汎子宮全摘出術
手術によって子宮や卵管、卵巣、膣や子宮周囲の組織を切除します。癌が子宮の頸部に及んでいる挟や郡の場合に選択されることがあります。骨盤内や腹部大動脈周囲のリンパ節郭清を伴う場合もあります。排尿障害や排便障害を引き起こすことがあります。

このような方法で子宮がんの手術を行うわけですが、手術は単独で用いる場合だけではなく、他の治療法と組み合わせられる場合もあります。たとえば、手術によって切除しきれなかった病巣がある場合に、放射線治療や抗がん剤、ホルモン療法を用いる場合があります。このような方法を組み合わせて、より高い治療成績を求めることができます。

また、手術は子宮がんの名医に担当してもらいたいものです。経験豊富で技術にも定評のある名医であれば、それだけ質の高い治療を行ってもらえることを期待できます。執刀医の実力は命が助かるかどうかに関わります。

また、子宮がんの手術が終わった後でも、再発の有無といった重要な要素があります。一見、成功したように見えても、後日再発したのでは闘病生活に強制的に引き戻されます。そのリスクを最小限に抑えるためにも、名医がいる病院についての情報はあらかじめ調べておきたいものです。

また、手術に踏み切れずに迷ってしまうこともあると思います。そのような時には、セカンドオピニオンを利用するとよいでしょう。複数の専門医に意見を出してもらえば、それだけ判断の正当性が担保されることになります。

もちろん、主張に食い違いがある場合には、それぞれをよく検討する必要が生じます。最善の方法を導き出すために、それぞれの主張をしっかり吟味してください。子宮がんは適切な治療を行えば、完治させることもできる病気です。そのために、手術は重要な選択肢となります。

→→癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版

当サイトコンテンツ
子宮がんの名医

子宮がん検診

子宮がんの検診結果

子宮がんの検診費用

子宮がんの原因

子宮がんの初期症状

子宮がんの症状

子宮がんの治療

子宮がんの手術

子宮がんの転移

サイトマップ


Copyright (C)子宮がんの基礎知識 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system